帰省の途中(上越新幹線の車窓より)

投稿者: | 2017年1月4日

今回も、市原から山形県の鶴岡まではるばる帰省したわけですが、途中の気になる景色をアップします。

まずは戸田。京浜東北線や埼京線でもこんな景色が見られます。大宮で再就活していた時期が懐かしかったです。両岸とも住宅などが密集しているのに対し、この河川敷の広々とした開放感がいいですね。いつ見てもきれいな景色です。
戸田
 

スポンサーリンク

 
その後、富士山が見えました~。おそらく埼玉県内です。
富士山
 
そして、懐かしの町、大宮。大宮駅の西側ですが、就職サポートセンターみたいなのとか、山銀とか、100円ローソンとかがあったりして、色々と思い出深いです。あとは、そのあたりのビルで買ったドライヤーがまだ現役です(笑) 
大宮
 
トンネルを抜け、越後湯沢駅付近です。山を越えると景色が一変、関東の冬のカラッとした晴れの天気は、日本海側で雲が雪を降らせ切っているからだ、というのを毎回思い出させられます。
越後湯沢駅付近久しぶりに雪景色を見て、ワクワクしてしまいました。この景色見てテンション上がるとは、すっかり千葉の人になっちまったな(笑)

帰省のたびに、雪かき無縁の千葉ライフのありがたさを噛みしめるのでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です