新型アクセラ 1.5 15C (燃費18.4km/l)

投稿者: | 2009年6月14日

巷で話題の新型マツダアクセラ。
アクセラと言えば高級車的なイメージも強いんですが、
低燃費のグレードもあるんですね。
新型アクセラの 1.5 15C は18.4 km/lで、
クラストップレベルの燃費です。
2.0L車にも新機能を装備して燃費向上に努めているようですよ。

マツダ アクセラ…燃費向上の新機能搭載
 燃費は、従来と比べて約15%向上。1.5L車では新採用の自動無段変速機(CVT)を組み合わせることで、スポーティーな走りとクラストップレベルの低燃費(18.4km/L)を両立している。
 全車が平成17年排ガス基準低減75%レベル(SU-LEV)に適合。9機種中6機種が「環境対応車普及促進税制」による減税対象(75%あるいは50%)および「環境対応車普及促進対策費補助金」の対象となる。(2009年6月11日 売新聞)

※1.5L車は5%の燃費向上だそうです。
グレードの近いところで、
 インプレッサ1.5i(FF・5MT)…16.6km/l
 日産 ウイングロード1.5 15M (FF・CVT)…19.2km/l
くらいなので、アクセラは3ナンバーにしてはまずまずの燃費ではないでしょうか。
(「まずまず」とか書いたら、燃費向上を担当した技術者さんに怒られますね。(^_^)
「かなりいい」って書いておこうか…)
今回のアクセラは、環境の時代にふさわしい
「エコスポーツ」というコンセプトで開発されました。
今後も各社がどのような低燃費車を出していくのかが楽しみです。

スポンサーリンク